彼氏が冷たい

仕事のパートナーとつきあっています

彼氏が冷たい女性からの恋愛相談

 

私は○歳年下の仕事のパートナーとつきあっています。彼とは○年ほど前に仲間を通じて知り合い、共同で仕事をすることになりました。

 

私は最初から彼が気に入っていましたが、結婚していたので気持ちはずっと隠していました。

 

しかし、半年前に、二人の間にいろいろな事件が重なりどうしても自分の気持ちを隠しておけなくなり、私のほうから告白して付き合いがはじまりました。

 

私は夫とはセックスレスで、もう3年ほどそういう関係はありません。夫はバイアグラをかばんにこっそり入れて、風俗にいっているようですが、私はショックもあまり感じませんでした。そのくらい愛情はありません。私は夫とは再婚で、子供は成人しています。

 

つきあっている彼とは、仕事も順調で一緒に海外の出張に行ったり、共通の仕事仲間がたくさんいたり、とてもうまく行っていました。

 

そのうちに、まだつきあって半年なのですが、私は2年前から彼が好きだった事もあり、離婚したいという気持ちが大きくなり、彼にもそれを伝えて離婚の方向に話を進めていました。
離婚は彼の存在が大きいのは確かですが前述のとおり、私が夫にもう愛情を持てないからです。

 

私が一人暮らしのためにお金を貯め始めて、彼は、現在、引っ越しをしたばかりなので、すぐには無理でも、そのうち一緒に住もうという話をしていました。
また、わたしと彼のことは、まだ私が正式に離婚していないので、周りの誰にも明かしていません。

 

しかし、私が離婚の不安から、すぐにでも一緒に暮らしたいというような事を強く望んだため、それに加え、私の口から、離婚するのはあなたのためだと言うような事を言ってしまったため、彼が重く感じるようになってしまったようで、一度喧嘩したときに、彼が逆上してもう重いんだよ、別れたい!と怒鳴られてしまいびっくりしました。

 

その後は、彼も言い過ぎた・・と謝ってくれましたが、それから、彼がタイミングよく(?)2週間の出張に出たため、冷却期間をおく事ができました。

 

出張中は激務にも関わらず、2〜3回のメールと2回ほど電話をくれました。私からは1〜2回メールしただけです。

 

その後、戻ってきて少し話したのは、彼は、私が○歳も年上なことから、つきあうなら、やっぱりだめだったなどと言って2〜3年して別れる訳にはいかないと思っている、

 

私を死ぬまで面倒みるつもりでつきあっていかないと、○年してもし、俺が出て行きたくなったりしたら、私が年をとってしまっているので取り返しがつかない。

 

自分が私の事をどのくらい真剣に好きなのか考えたいと言い出しました。

 

どうつきあっていいかわからなくなってしまったというのです。

 

別れる事も視野にいれてだと思いますが、考える時間をくれと言われています。

 

彼と会って二人きりになったときに、ムードでSEXになりそうになったので、私が、心から安心してからじゃないといや、と言って拒むと、そうだよね、と言って、止まらなくなった自分を一生懸命に抑えていました。なので私はそこから逃げるようにしてかえってきました。

 

彼からすぐにメールで、さっきはごめん。また傷つけてしまったね、結論を出すまでもう少し時間をください。

 

というメールが来ました。

 

彼は何を考えているのでしょう。
私を傷つけずに別れる方法でしょうか。

 

私が自分のせいで離婚を決心したと思っていると思いますし、彼の仕事がここまで進めてこられたのは私のおかげと思ってくれていると思います。本当によきパートナーだったのです。

 

仕事はこれからも彼としばらく進めていかなくてはなりません。
私もそれは大丈夫です。

 

私は彼にゆっくり考えてと言いました。
また、自分の気持ちを押し付けてプレッシャーをかけすぎた事を心から謝りました。そして、私とは別れるにしてもつきあうにしても、あなたの好きなようにしていいと言いました。本当は別れたくないし一緒にいたいと彼もわかってくれているとは思います。

 

彼が考えたいというのは、私が好きかどうかわからないということでしょうか。そんなの考えてわかるのでしょうか。

 

いずれにしても、待つしかないのでしょうか・・。
それとも彼はもう私と別れたいけれど、私がかわいそうで言えないだけなのでしょうか。

 

ご相談の内容を読む限り、
一度ビジネスパートナーの関係に戻ることを
彼に宣言するのがベストです。

 

女性が男性から逃げられる時にとても多いのは
【答え】を無理やりに出させようとしたときです。

 

一度考えてみて下さい。

 

彼と会えなくなるリスクまで犯して、

 

それほどに答えは重要なのか

 

ということを。

 

既婚の女性である

 

○歳も年上である

 

ということもあり、【もう重いんだ】という言葉が
出てしまうのも無理もないことでしょう。

 

今、彼の中でAさんの存在が多少なりとも、
【重荷】になっていることは確実です。

 

今から、もとのビジネスパートナーに戻ることは不可能ですが、
上辺だけでも彼に宣言することで、その重荷を軽くする
必要があります。

 

>彼は何を考えているのでしょう。
>私を傷つけずに別れる方法でしょうか。

 

あなたが【重荷】になっている反面、
あなたに愛情があるのも事実です。

 

>彼が考えたいというのは、私が好きかどうかわからない
>ということでしょうか。そんなの考えてわかるのでしょうか。

 

彼が今悩んでいることは、好きかどうかではなく、
あなたに責任のようなものを背負わされ、
それを受け入れるべきか、受け入れざるべきかです。

 

>いずれにしても、待つしかないのでしょうか・・。

 

そのまま待っていれば、彼は必ず【答え】をあなたに
提示しなければなりません。

 

Aさんがどうしても答えを求めているのならば、
答えが来るまで待つべきです。

 

しかし、その答えよりも彼と一緒にいたいのならば、
先述しましたように、もとのビジネスパートナーに戻ることを
宣言することが必要です。

 

もしビジネスパートナーに戻ることを宣言し、
彼とまた関係を続けていけるようになったら、

 

あなたはまず他の男性にモテる女性にならなければなりません。

 

他の男性に必要とされているが興味ない、
ということを彼にアピールするようにして下さい。

 

また【彼がAさんを必要とする時が来たら、
必ず彼の方から言うはず】ということを常に
頭の中に入れておいてください。

 

アドバイスのメールをいただきました。
ありがとうございます。

 

前回のメールを保存しておかなかったので話が重複していたらすみません。

 

私の場合、彼に突然キレられて別れたい!と言われたまま2週間、出張に行かれてしまい、その言葉を彼がはっきり撤回してくれないまま、考えさせてほしいと言われている状態です。

 

彼がキレる前に、私とやっていくのか白黒はっきりつけろというような事は言った事はありませんでした。ただ、すぐに一緒に住みたいとか、彼の愛情をためすようなわがままを言ってしまっていました。それが原因でキレたのです。

 

私は、彼が別れたいと言った事にとても驚き、出張で合わない間に頭を冷やして帰ってきてくれると思っていたのに、帰ってきてからも時間をくれと言われてとてもショックでした。

 

彼と新しい人生を歩もうと決心して夫にも離婚を切り出したばかりでした。

 

引っ越しなども視野に入れていましたので、今になって怖じ気づいたのかとも思いました。無理もないかもしれません。

 

私はもっと時間をかけて、彼に余裕を与えてあげるべきでした。
でも、私も離婚することでナイーブになり、その不安を彼に頼って寄りかかりすぎたのだと思います。

 

それが「重い」という言葉になったと思います。

 

彼が出張から帰ってきた翌日、彼に会いました。
私は自分からこの話題に触れるのが嫌で明るくいつも通りにふるまっていました。食事のあと、彼が自分の家に誘ってきました。
そこで話そうと言うのです。

 

私は、彼は仲直りを考えているから誘ってくれたのかも・・と思い、彼の家に行きました。でも、そうじゃない事も視野に入れていました。そのときは絶対にSEXしないと心に決めて行きました。

 

結局、彼の家でも二人のこれからについての話にはなりませんでした。お互い言い出しにくく、なんか変な雰囲気でした。

 

そのうち案の定、ムードがそっちの方向になって来ました。
私は、心から安心してじゃないとしたくないから嫌だと言うと、彼は、わかってるけど・・と言いましたが、いつになく激しく求めてきて止まらなくなってしまいました。

 

彼が、こんなに無理にしようとして来たのは初めてだったので、私はビックリして、ごめん、家に来たのが行けなかったよね、今日は帰るね、と言って逃げるようにして帰りました。

 

しばらくして彼からメールで、さっきはごめん、結論を出すまでもうしばらく時間をください。というメールが来ました。

 

私はメールには返事はしませんでした。

 

その後、この5日間、私からメールや電話は一度もしていませんが、毎日1回、彼からメールか電話が来ます。
それは、何か無理に用事を作っているような、仕事がらみのメールや電話です。

 

そんなことわざわざ電話してこなくていいのに・・というような内容です。

 

しかも私が電話に出られない時間帯を知っているので、電話ができる時間になるとすぐにかかってきます。やっぱり少し気になっているのでしょうか。それとも好きだと思っているのでしょうか。

 

でも、電話の内容は、例の私が振り切って帰った次の日だけ、
「あれから大丈夫?」と言われましたが、その後はいっさい私の様子や、予定などは聞いてきません。

 

会おうとも言ってきません。多分私が会いたいと言えば、絶対会うと思いますが、私からも言いませんでした。電話もいつも5分くらいで私から切ってしまいます。

 

会えば、中途半端に体の関係が復活してしまうかもしれないので、私は今は会いたくありません。

 

次回は数日後に、仕事仲間と一緒ですが会う予定があります。

 

今、私たちは、私がそう宣言しなくても、今ビジネスパートナーに戻ってしまいました。

 

彼はプライベートな話はしてきません。
メールも電話も毎日ありますが、内容は仕事や共通の用事の事です。

 

彼が責任を感じる理由はたくさんあるかもしれません。

 

ビジネスパートナーに戻ろうと言うのは、自分から別れようと言うのですよね。私は結婚やら同棲なんてしなくていいから、彼と今のまま恋人として続けたいのです。

 

彼に、一番最初、別れたいと言われた時そう言ったのですが、彼が、私の年齢を考えると途中でお前を捨てられない、年を取ってもし俺になにかあったら、俺の家族がお前を見なくてはいけなくなるだの・・なんでそんな事ばかり考えているのでしょう。

 

どうやってつき合っていったらいいかわからなくなってしまった、私の事がどれだけ大事なのか考えてみたいと言うのです。

 

考えると、それほど大事じゃない事がわかったりして・・と不安です。

 

自分からもう考えなくていいよ・・と言ってあげるのがいいのでしょうか。でもそれだと答えを聞く前に、もう悪い答えだと決めつけている気がします。

 

私は恋人として別れたくありません。答えを待つのは危険ですか?

 

確かに今別れても、将来、またタイミングが合えば一緒にいられるような気もします・・。でも、私には離婚が迫っています。
このタイミングで別れを言われてとてもつらいです。

 

自分から別れた方がいいのでしょうか、
彼が別れを切り出したら、仕方がないので受け入れるつもりですが・・。

 

長くなってすみません。よろしくお願いいたいします。

 

>ビジネスパートナーに戻ろうと言うのは、
>自分から別れようと言うのですよね。
>私は結婚やら同棲なんてしなくていいから、
>彼と今のまま恋人として続けたいのです。

 

違います。

 

自分から別れを言いだす必要はありません。

 

先日のメールの内容が、【彼があなたから逃げている】という
ものでしたので、以前の関係に戻った方が良いということを
述べただけです。

 

>今、私たちは、私がそう宣言しなくても、
>今ビジネスパートナーに戻ってしまいました。

 

現在がそのような状態でしたら、
あえて別れを切り出す必要はありません。

 

>しかも私が電話に出られない時間帯を知っているので、
>電話ができる時間になるとすぐにかかってきます。
>やっぱり少し気になっているのでしょうか。
>それとも好きだと思っているのでしょうか。

 

彼があなたのことを気にかけているのは明白です。

 

>私は恋人として別れたくありません。
>答えを待つのは危険ですか?

 

今回のメールから考えると、
待つ方がいいですね。

 

ただ、やはりギクシャクしている関係が続いており、
あなたもそれなりに、以前よりは彼に対しての壁を
作ってしまっているようです。

 

今の状態からあまり彼に冷たくしてしまうと、
距離が離れすぎてしまう可能性があります。

 

現在の状況で、

 

■あなたからは電話していない

 

■彼から連絡を取ろうとしている

 

ということを考えると、

 

彼への距離間を保つために、
もっと彼に優しくしなければなりません。

 

優しくすると言っても、あなたから連絡を取ろうとしては
いけません。

 

彼から連絡が来たら、冷たくせずに優しく対応してあげる
ということです。

 

あなたと同様かそれ以上に、彼もまた悩んでいることでしょう。

 

何故、彼氏がどんどんと冷たい態度を取るようになっていってしまったのか?
ケンカが多くなった。
他の女性の影を感じる。
メールの返信が遅い。
出会った時と態度が違う。

 

それはもしかしたら【あなたのせい】なのかもしれません。
今、あなた自身が成長しなければ、
本当の愛を掴み取ることはできないのです。

 

もしかしたら、この他に方法はないのではないでしょうか。

 

その答えがここにあります↓こちらをクリックしてください。
本当の愛を掴み取るための【女性のための講座】